スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
ジルバ!
『アリーナロマンス』には「いまどきシンデレラ」や「ススメ!」と言った映画のために作られたオリジナルソングやサウンドトラック曲の他に、ジルバというロックバンドの「LAST BUS」という曲を挿入歌として使用させてもらってます。

僕はまだジルバのメンバーとは会ったりしたことはないのですが、彼等の曲に出会ったのは、『アリーナロマンス』の演出スタッフの一人であるぽんちゃんが、仲の良いバンドの方の知り合いという事でジルバの曲を聴かせてくれたのがきっかけです。

ジルバの印象は、荒く砕いた音をぶつけて来るような激しさ、かな。
荒いと言っても拙いという意味ではありません。強いって意味です。
音楽のクオリティは非常に高い。

僕は特別音楽に造詣が深いわけじゃないんで、抽象的な言葉でしか言い表せないけど。

古い例えで申し訳ないけどThe Roostersに近いものを感じた。似てるって事じゃなくて日本語歌詞の礫を荒っぽく放つ様とかがね。
そういう意味じゃthee michelle gun elephantっぽいのかも。
まあバンドや詳しい人からは「全然違いますよ」って言われちゃうかもだけど。

「LAST BUS」は歌詞の世界観などがBUMP OF CHICKENを想わせる様な"永遠の少年性"を歌った曲。
男だったら、いつしか胸の奥に仕舞い込んだ、かつて男の子だった頃の熱い記憶と想いを揺り動かされる部分なんです。
繊細な純真さと、その荒々しい強さを同時に感じさせて、コレだっ!て思いました。

それはまさにこの曲が流れるシーンのミツルの状況そのものなんです。

ミツルは少年だった頃の、舞華との短い日々を一生忘れないんです。

きっかけは女の子やアイドルだったにせよ、です。
男としての熱い想いが宿るわけですね。

今回ジルバの皆さんからは曲の提供に留まらず、「LAST BUS」とc/wとして「コーヒーカップに揺られながら」を含むサンプルCDをトリウッドで無料配布させて頂くなど、映画『アリーナロマンス』へ全面協力して頂いています。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

映画を観て「LAST BUS」が気になった方は是非、ジルバの他の曲も聴いてみて下さい。ジルバのofficial web siteより視聴が出来ます。


追記:ちなみに光咲も「LAST BUS」大好きと言っとりました(*^ー゚)b


スポンサーサイト
2007-10-14 (Sun) | 記事URL | 告知です | COM(2) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
はじめまして!!
ジルバのボーカルのへんみと申します。

僕らの楽曲「LAST BUS」を使って頂き、本当にありがとうございます!!

レコーディングやリハーサルでガチガチのスケジュールだったんですが、来週、時間が作れそうなので、観に行かせて頂きます!!

楽しみにしてまっす!!!

明日、初台のドアーズというライブハウスで、浜崎あゆみさんのバックバンドの方々と共演致します。
よろしかったら、ぜひお越し下さい!!
詳細は、ジルバのホームページを御覧下さい!!
2007/10/25 14:45  | URL | ジルバ唄担当 #-[ 編集/削除]
逸見さん
初めまして!

こちらも早い段階からリンクして貰っていながら、なかなかそれにお応え出来ずに申し訳ありませんでした。ブログの方などは日頃拝見させて貰っています。

御多忙のところお時間を作って頂いてありがとうございます!
映画の方は是非楽しんで頂ければと思います。

ロックとアイドルでは全くジャンルが違いますが、ごった煮的な日本の芸能界っぽさが分かっていただければな、と思っております。

「LAST BUS」は緩くなりがちなアイドル歌謡的な作品の世界観にカチンと決めるカウンターの役割を果たしており、主演のミツル役の田中康寛君や舞華役の池田光咲ちゃん始め周りから好評を博してます!

トリウッドに映画の感想ノートが用意してありますので、宜しかったら鑑賞後に感想やメッセージなどを是非書いて行って頂ければと思います。
先日はジルバファンの方が感想を書いて下さっていたので、お時間があればお目を通すだけでも幸いです。

明日はドラマの撮影で残念ながらライブには行けませんが、ジルバのライブは今後是非参加したいと思っております!頑張って下さいね!!

2007/10/25 19:56  | URL | 監督 #-[ 編集/削除]
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。