スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
18歳最初の日
今日は坂本佳菜子ちゃんの誕生日。

佳菜は普通に大人の女の子だったなと思います。
素直で純粋で優しくて可愛い・・・

トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子 板垣英文02.jpg
プリプロから撮影現場等で僕ってのは
情けなくて頼りなくて周りから怒鳴られてるダメ監督でしたけど
佳菜はずっと僕を監督として立ててくれて
気を遣わせてしまいましたね。

トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子 板垣英文03.jpg
佳菜子は僕が出来ない、分からないという監督としてあるまじき
状況に陥った時でも「じゃあ私が考えますから見て下さい」という子でした。

トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子 板垣英文 ザンヌ01.jpg
佳菜のことは「安西夏紀(坂本佳菜子)」で書いたように、書類審査の段階で気に入っていました。
だから特にブログを必死に読む必要もなかったけど、最初の頃見てて印象に残ってるのはオーディション後の「奇跡☆彡」かな。
普通に高校生として勉強も両立させてて偉いなあと思って。
ブログを読むと純朴さと真面目さや真っ直ぐなところが伝わってきてねえ。いいお嫁さんになるなと思いました。こんな子と結婚したいなあって思わせる感じがもう安西夏紀を体言してるっていうね。

まあぶっちゃけ言うと舞華が恋人にしたいタイプなら夏紀はお嫁さんにしたいタイプって事で、『アリーナロマンス』における2トップは魅力的なバランスを形成してると自負しております。

トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子28.jpg トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 坂本佳菜子07.jpg
実際に会った佳菜は美少女な外見に負けん気と努力を隠し持っててね。
光咲とは正反対なタイプに見えるけど、目指す方向性や本質は二人とも良く似てるんだよね。
もちろん細かい性格や考え方や行動は違うけどさ。
だからライバルとしても2トップとして成立してるんだな。

トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子29.jpg トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子30.jpg トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子31.jpg(プロジェクト空前の規模で撮影された安西夏紀ソロコンサートのシーン。僕はもともとアリーナクラスの会場でのアイドルコンサートを再現するぐらいの気持ちで考えましたから、その空気感や雰囲気はより濃縮されて表現されたんじゃないでしょうか)
トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子32.jpg トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子33.jpg トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子34.jpg トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子35.jpg

トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子36.jpg トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子37.jpg トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子38.jpg

オーディション直前にして問題になったのが、最初あまり意識してなかったけど
「坂本さんって福岡在住だぞ!?」って事で・・・
オーディションからイベントを含むポスプロに至るまで全部クリアに(つまり毎回上京)してきてくれて。
本当に感謝してます。ありがとう!

そしておめでとう。

トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 田中康寛 坂本佳菜子 高木心平 板垣英文 スタッフ03.jpg トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子 高木心平02.jpg
映画『アリーナロマンス』が佳菜の17歳の思い出だけで終わらないように
僕も頑張るからね!


さて、
本日10月26日はトリウッドスタジオプロジェクト第1弾作品だった
『ミックスマシン』のDVD発売・レンタルがいよいよ開始されます!
TSUTAYAをはじめとする全国有名店にて設置される予定です。
見逃した方はこの機会に是非お手にお取り下さい!

みなさん『ミックスマシン』の主人公の男の子もミツルと言う名前なのをご存知ですか?
これは全く偶然なんですが、"トリウッドスタジオプロジェクトの主人公の名前は代々ミツルを受け継ぐ"なんて冗談を関係者でしてましたねw
そしてヒロインの三枝万莉さんは現在ドラマ『魔法先生ネギま!』(テレビ東京系)に出演されています。
最近忙しくて録画が溜まっていたのを観てみましたが、あのアンドロイドの人じゃないですか!オイシイなあw
ちなみに池田光咲が所属するダンスヴォーカルグループ、P-Aメンバーの桑江咲菜ちゃんも出演しています。こちらはネオンジェネシス・エヴァンゲリオン役でしたっけ?うろ覚え><
確か外国人の役なんですよね?
でも咲菜ちゃんはちっこくて可愛い子です。

公式サイトを見るとTOPページの画像で二人は並んで座ってるし(※現在はTOPページの画像が集合写真から変更になりましたね)、咲菜ちゃんのブログで話題になってるし仲良いのかな?
更に公式サイトのメイキング画像を見ると収録スタジオに見覚えが(ロケ弁食べてると現れる猫もいる)・・・僕がやってるドラマの撮影でも使ったスタジオじゃないッスか?w

それから今日は『アリーナロマンス』照明チーフだったでみちゃんも誕生日!
おめでとう。
スポンサーサイト
2007-10-26 (Fri) | 記事URL | 告知です | COM(0) | TB(0) | 
10月22日(月)
※「読んでて引く」「監督としての立場を逸脱している」等の意見が寄せられましたのでこの記事は削除しました
(記事内容:『アリーナロマンス』本編日付設定の最後の謎解き、池田さんへの誕生日メッセージ)
2007-10-22 (Mon) | 記事URL | アリーナロマンスの世界観 | COM(1) | TB(0) | 
『アリーナロマンス』舞台挨拶の動画公開!!
10月6日、7日、8日の3日間に渡って行われた『アリーナロマンス』舞台挨拶初日から最終日までの動画をダイジェストにて公開致します

映画『アリーナロマンス』はまだまだ下北沢トリウッドで絶賛上映中ですよ!みなさん是非観に来て下さいね喜




YouTube版(内容は全く同じです)



同じ動画をブログのフリーエリアにも常時公開します。

携帯版も公開します『アリーナロマンス』舞台挨拶動画携帯版(内容は全く同じです)
こちらは容量がデカイんで機種によっては再生出来ないと思います。予め御了承下さい。

※現在動画は公開していません※
2007-10-21 (Sun) | 記事URL | 告知です | COM(0) | TB(0) | 
『アリーナロマンス』の日付設定
僕は映像作品を作る場合、あまり詳しい日時というものを示したくないんですね。

画面に西暦何年、何月何日って出しちゃうと、リアルタイムならいいけど何年後かに作品を観ると何か古臭く感じる時あるじゃないですか。

まあ極端な例えだと『2001年宇宙の旅』とか。
もう2007年だけど宇宙旅行はまだ一般化されてないし。タイトルがもうピンとこなくなる。
とは言えそんな事は超越するような名作なんですけどね。製作は1964年からですか。

だけど映画『アリーナロマンス』は具体的な日時を画面上に出す必要があった。
ミツルが入り浸ってるネット掲示板の日付表示ですね。

どこかの某ネット掲示板という設定なので、別に日付は表示されないって仕様にしたって良かったんですが、2ちゃんねるのモー娘。板を模すというディテールを優先しました。

『アリーナロマンス』の撮影期間というのは桜が満開になっていき、散っていくまでの間でした。

トリウッド アリーナロマンス 桜04.jpg トリウッド アリーナロマンス 桜05.jpg トリウッド アリーナロマンス 桜06.jpg
(こちらは「CHE.R.RY」で書いた時の実際の車上から川崎君が写した靖国の桜)

プリプロ(撮影準備期間)の段階、というかシナリオの時点で桜をバックに映す事を考えていましたので、季節と言うものは限定されていたのです。

なぜ季節を限定してまで桜にこだわったのか。
一つに大林宣彦版『時をかける少女』へのオマージュですね。

トリウッド アリーナロマンス 桜07.jpg トリウッド アリーナロマンス 田中康寛 中田祐矢03.jpg トリウッド アリーナロマンス 田中康寛 中田祐矢04.jpg トリウッド アリーナロマンス 桜08.jpg

それに桜は季節感、さり気ない日本情緒を演出するのに最適な素材ですし。
そして「CHE.R.RY」のように毎年"さくら"をモチーフにしたJ-POPがヒットするのは、
若い世代にも桜は"切ない、いいものだ"という共通認識があると言う事。
3月、4月と言う別れと出会いの時間に、僕らの周りには桜が溢れています。
それからキャストの方々の衣装を、コートとか暖かい物に設定したかったんですね。撮影時はまだまだ寒い時期ですから。ロケで場合によっては外に出たまま待ち時間が長い状況とかもどうしても出てきますからね。

トリウッド アリーナロマンス 田中康寛18.jpg トリウッド アリーナロマンス 撮影40.jpg トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 田中康寛10.jpg トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 田中康寛11.jpg

というわけで、ミツルや舞華の見ているネット掲示板の日付表示は撮影期間とほぼ変わらない2007年の3月初旬から4月中旬までとなっています。

トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 板垣英文04.jpg トリウッド アリーナロマンス 池田光咲51.jpg トリウッド アリーナロマンス 池田光咲52.jpg トリウッド アリーナロマンス シェイク01.jpg

そして映画のラスト近く、事態は急展開します。
それから半年ぐらいの時が流れて、

荒れていた掲示板のスレ(スレッド)に、ある名無しが思い付いた様に一つの書き込みをします。
その様やスレの流れが、いわゆるタンポポ祭りの発端となった書き込みとその状況へのオマージュとなっています。

2007-10-21 (Sun) | 記事URL | アリーナロマンスの世界観 | COM(0) | TB(0) | 
RANKING パラダイス
中本美麗こと高梨麻衣ちゃんが「RANKING パラダイス」RANパラガールズの一人として本格始動します!

麻衣ちゃんの紹介ページはこちら

ブログの方も麻衣ちゃんの登場も近い?
それ行け!バイトにっき。
RANパラガールズ通信

とにかく今後に期待大絵文字名を入力してください美麗(`・ω・´)がんがれbikkuri01

今回はこれを記念して美麗こと麻衣ちゃんの秘蔵写メを公開しますちな♪

トリウッド アリーナロマンス 高梨麻衣07.jpg

トリウッド アリーナロマンス 高梨麻衣08.jpg
正真正銘本物の制服の麻衣ちゃんです。
学校から『アリーナロマンス』の撮影に直行してくれてたんですね

2007-10-20 (Sat) | 記事URL | 告知です | COM(4) | TB(0) | 
タンポポ祭り
みなさんはアイドルヲタが、特別な意味のコンサートにおいて申し合わせてサイリュームの色を統一させる事をご存知ですか?

主にメンバーの卒業や、誕生日などのイベント時において行われます。

例えば
安倍なつみさんの卒業コンサートでは白いサイリューム(安倍さんの故郷、北海道の雪景色をヲタが勝手にイメージして)
辻さん加護さんの卒業コンサートでは青とピンクの2色同時出し(事務所の設定する衣装などの二人のイメージカラーが青とピンクだったため)
飯田佳織さんの卒業コンサートでは黄色から白へ時間差出し(たんぽぽの花が白い綿帽子になる)
などです。

その発端となったのがいわゆる「タンポポ祭り」と呼ばれるもの。

2002年7月31日、プロデューサーつんく♂氏によりハロプロヲタへ衝撃の発表がありました。

■モーニング娘。のメンバー後藤真希が、2002年9月23日の17歳の誕生日をもって同グループを卒業する。
■同じくモーニング娘。のメンバー保田圭が2003年春のコンサートをもって同グループを卒業する。
■タンポポメンバーの大幅な入れ替え。当時のメンバーから飯田圭織・矢口真里・加護亜依が卒業し、モーニング娘。の紺野あさ美・新垣里沙及びメロン記念日の柴田あゆみが加入し、石川梨華との4人編成となる。
■ミニモニ。からリーダー矢口真里が2003年春に卒業し、結成時の「身長150cm以下」という制限を撤廃、モーニング娘。の高橋愛が加入し、ココナッツ娘。のミカが新リーダーとなる。
■プッチモニから保田圭と後藤真希が卒業し、モーニング娘。の小川麻琴とココナッツ娘。のアヤカが加入し、吉澤ひとみとの3人編成となる。
などです。

モーニング娘。の絶頂期と共に2001年まで順調だったユニットのすべてを大幅に変えるという、当時のファンが受けた衝撃の大きさから「ハローマゲドン」、「7・31事件」などと呼称されます。

これに対し当時のファンやヲタは猛反発し、2ちゃんねるやネット掲示板などでも活発に議論され、大荒れに荒れます。

当時ハロプロのユニットの一つだったタンポポは、石黒彩さんが在籍した初期タン(初期タンポポ)から石黒さん卒業後に加わったメンバーによる2期タン(第2期タンポポ)として新たなファンを獲得し、安定した人気を誇っていました。

この2期タンを愛する一人の名無しが、2ちゃんねるの狼板で
「タンポポの時一面黄色にしてやりたいなあ」と書き込みした一言がきっかけで、タンポポが歌う時に会場を黄色のサイリュームで統一しよう、という2ちゃんねる始め応援サイトや応援団体を巻き込む「タンポポ祭り」という運動が起こりました。

誰もが半信半疑で迎えた最終公演において、タンポポがステージに上がると同時に会場の殆ど全てのサイリュームが高輝度黄色サイリュームに持ち替えられ、光の黄色いたんぽぽ畑が再現されるという奇跡が起こりました。

つまり最初はメンバーをお祝いすると言うよりは、事務所へファンが講義する意味でサイリュームの色の統一が行われたのでした。
今ではすっかり形骸化して予定調和の恒例行事になったと言う人もいます。

参考リンク
[FLASH]タンポポ祭 2002 たんぽぽのように光れ
2007-10-20 (Sat) | 記事URL | アイドルカルチャー解説 | COM(0) | TB(0) | 
うちのかーちゃん
舞台挨拶初日に黙って見に来てたらしいです
何してはるんですか。

まあテンパってて気付かない僕もアレですが。

トリウッド アリーナロマンス トリウッド05.jpg
で、前々から言ってた17日に妹と改めて島根から出て来て
また『アリーナロマンス』を観て行ってくれました。

まーやっぱり、かーちゃんってのは恥ずかしいもんですよ。
ニャハハ(つ/∀//)

まあ歳取ると親は大切にしなきゃなあと思うもんなんですが。
リリー・フランキーさんの「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」とか読むと、物凄い母力(ははぢから)を感じますね。
同時に物凄いマザコン力(まざこんりょく)も感じますけど。

あり難いことです。頭があがらんです。

トリウッド アリーナロマンス トリウッド06.jpg
うちのかーちゃんは尾崎豊や元EXILEの清木場俊介さんが大好きで
DVDを集めたり、清木場俊介さんのLIVEに通い詰めたりと、
この親にしてこの子あり的なw
話の例えを尾崎の言葉や人生で例えたり・・・w

母子家庭で苦労して僕らを育ててくれましたんで
今はやっと好きな事がやれるようになって
インターネットやコンサートとか夏フェスとか楽しんでて
僕も嬉しいです。

トリウッド アリーナロマンス トリウッド07.jpg
妹は小さい頃から仲が良くて
どこに遊びに行くにもいつも一緒でした。
お互い恋愛や仕事に忙しくなるまでは、普通に恋の相談とかしてました。
物凄く久し振りの再会。

トリウッド アリーナロマンス 板垣英文15.jpg
夜は渋谷で三人で飲みました。

家族って、僕は思春期や反抗期からどこか鬱陶しくなってしまって。
どこまで甘えてどこまで許すか。
他人よりも難しいのかもしれません。

一人暮らしをするようになって、物理的にも距離が保てるようになって、うまくバランスが取れるようになったんですけど。
でも家族に会うと、他人には見せない自分が出せて楽しくもあるんですけどね。
2007-10-20 (Sat) | 記事URL | 愚痴とか独り言 | COM(0) | TB(0) | 
recent situation report 04
最近の僕は「ラジオ公開生放送に出演します!」でも書いたんですけど、某特撮ヒーロードラマの現場で技術スタッフとして連日参加させて頂いてます。

20071013143135.jpg
久し振りの現場は、身体が鈍ってたのかクタクタになります。徐々に慣れてきましたが。

しかし特撮の現場って夢がありますbikkuri01

僕は少年の頃から怪獣とかSF とか大好きですから!

今回の現場は特撮だから参加したってわけじゃないんですが、いざ参加してみると、やっぱり少年の頃の想いが甦ってワクワクします。
もし子供の頃にこの現場を見ていたら大興奮したでしょうねえw

躁演とかパイロ(ガスによる炎の操作)、爆破 とか、合成用のグリーンバックとか!

爆破シーンとか、ヒーローよりスタッフの僕の方が爆破地点に近かったりします(動いちゃいけない)w

20071016093652.jpg 20071016093721.jpg 20071016094053.jpg
 
20071016124241.jpg 20071016124309.jpg
現場は廃墟や廃工場とか多くてカッコイイんですよ。

20071016123940.jpg
いつ崩落するか分からない廃墟ではスタッフ全員ヘルメット 着用w
また撮影焼けで真っ黒になってる僕です。
2007-10-20 (Sat) | 記事URL | 愚痴とか独り言 | COM(0) | TB(0) | 
チェリーからかなでへ
先日『岡村洋一のシネマストリート』に出演する際、予めラジオでかける曲を
10曲決めて来て下さいって言われてました。

で、選んだのが以下の10曲。

前半
「ラブマシーン」 モーニング娘。
「時をかける少女」 原田知世
「CHE.R.RY」 YUI
「ススメ!」 芹沢舞華(池田光咲)
「奏」 スキマスイッチ

後半
「いまどきシンデレラ」 安西夏紀(坂本佳菜子)
「LAST BUS」 ジルバ
「舞華のテーマ(ロングVer.)」 『アリーナロマンス』オリジナルサウンドトラックより
「始まりの朝」 『アリーナロマンス』オリジナルサウンドトラックより
「ススメ!」 2回目 芹沢舞華(池田光咲)

僕が自由に決めたのが「ラブマシーン」、「時をかける少女」、「CHE.R.RY」の3曲。

最初はnovaspaceがCyndi Lauperのオリジナル曲をサイバートランスでカバーした
「time after time」を候補に上げてました。
僕はもちろんオリジナルの「time after time」も大好きなんですが、こちらは泣きの1曲というか、浸り過ぎるとちょっと重いかなと。
novaspaceのベタというか、いかにもベルファ(かつてのvelfarre)でフロアを沸かしそうな軽くてキャッチーなノリは、『アリーナロマンス』シナリオ執筆時に重たく浸ってる状態から気分転換する橋渡しみたいな曲でした。
なのでうまくいかない時は、いつまでもこの曲が流れているというw
僕は専門学校へ入ってからは映像作りに集中したくて、一時期ハロプロ曲からは遠ざかってたんですが『アリーナロマンス』執筆中はヲタ心を復活させる為にハロプロのバラード曲を中心に重く浸ってましたから。

で、トリウッドのO嬢の、「ラブマシーンとかを織り交ぜた方が石黒彩さんについてコメントしやすいのでは」という意見を受け、novaspaceは却下。
「ラブマ」は「えみり・ジェンヌ」でも演奏されてたし、石黒さんと言えばタンポポの「たんぽぽ」で決まりやなあと思ってた。この曲は『アリーナロマンス』とも重なる部分があるし。
でも僕が言い出すのが遅くて、結局当日は「ラブマシーン」に決まったんですけどねw

「CHE.R.RY」は以前から「映画『アリーナロマンス』スタッフブログ」や「CHE.R.RY」で書いている通り、この曲を聴くとみんなで見ていた桜や、寒かったあの季節に帰るんです。

んで、光咲も1曲選ぶと言う事でスキマスイッチの「奏」を選んで来た。
何か意外な気もするんです。
光咲って普通にHIP HOPとかレゲエとかセレクトしそうじゃんw
まあ16歳の普通の女子高生だったら、男子とかのコアな洋楽志向とかにもガッツリは影響されず、サークルとかでクラブに接点があってもまだまだカラオケ中心の音楽生活といったところでしょうが・・・

「ウチは5歳の頃からダンスしてるんで」
「(カントクと違って)HIP HOP大好きなんで( ´,_ゝ`)プッ」
とか日頃言い放つ人と同一人物?

僕にとって「奏」はどちらかと言うと泣きの1曲で。「ボクノート」とか。
スキマスイッチ自体が癒し系J-POPとして僕は捉えてるし、心が弱った時に聴きたくなると言うか。
ベストアルバムしか持ってないですけど。
まあ光咲も普通にいい曲として選んで来たんだろうけどね。

板「なんか思い出の曲なの?」
光「思い出の曲ってわけじゃないけど、好きなの」
板「( ´_ゝ`)フーン」

「CHE.R.RY」が人を好きになる昂揚感や多幸感に満ち溢れ、今まさに恋愛へダイブして行くかのような内容であるのに対し、「奏」は別れの曲。更に別れを乗り越えんとする曲で。
すれ違ってるなとは思うけどw これはこれで意味が完結してて面白いかなw

結局『アリーナロマンス』出演者では光咲と僕とは一番長い付き合いになりましたが、光咲の素顔については何も知らないのです。
以前映画の編集時に書いた記事「nocturne」において、子供と大人を使い分ける16歳についての分析と、17歳になると急速に大人になる傾向を書いたわけですが、光咲は最後まで僕に心を開いてくれなかったので、この記事は結論を保留にしたまま凍結されています。
芹沢舞華(池田光咲)」についても、書いてくうちにまとまらなくなるので詳細は削除されています。

光咲は、見た目が大人っぽくてカッコ良くて、度胸があって何でもこなしちゃうように見えるんです。
もちろん大人の対応が出来るし、ダンスや演技もレッスンして実力があります。
でも本人からしてみれば、きっと普通の子なんです。
普通にガキだし緊張もするし、出来ない事もあるし。

だから本当は監督の僕にはいい意味で甘えたいところもあったでしょうが、僕も光咲に甘える部分があってかみ合っていかなかったのかな。
彼女が僕に対して心を閉ざしっぱなしだったので確認のしようがありませんが。

多分光咲は、17歳になったら今よりもっと素直でいい子になると思います。
でも映画『アリーナロマンス』は16歳の池田光咲に間に合った。
それだけでも十分価値があるでしょうね。
僕が描きたかった芹沢舞華そのものですから。

トリウッド アリーナロマンス 池田光咲50.jpg


ただ・・・
『岡村洋一のシネマストリート』は曲に関していろいろコメントする構成じゃなかったですねw
僕の勝手な思い込みでしたw
2007-10-18 (Thu) | 記事URL | 愚痴とか独り言 | COM(0) | TB(0) | 
『岡村洋一のシネマストリート』出演して来ました!
ラジオ公開生放送に出演します!で告知した通り、かわさきエフエムで岡村洋一さんがメインパーソナリティを務める「岡村洋一のシネマストリート」の公開生放送と収録をして来ました。

20071015124324.jpg
スタジオがある武蔵小杉駅前。こちらも前述した通り『アリーナロマンス』は武蔵小杉でロケを多用しました。
ロケ地を見付けて来てくれたスタッフ、先行してロケハンに通い詰めてくれたスタッフ達・・・感謝の気持ちで胸が一杯になる。
そして撮影が始まってからも通ったね。
思い出深いシーンも多いです。懐かしい・・・。
撮影が終わっても、インサート撮りで僕一人で撮影しに来た事もある(インサート撮り3参照)。

『アリーナロマンス』がもっと話題になったら、このブログで『アリーナロマンス』ロケ地巡り特集みたいな事をやってみたいと思ってるんですがw

同じく撮影時にお馴染みだった直ぐ近くのコンビニにて、マネさんと池田氏と合流。本日池田氏はヒョウ柄の王冠を被ってのご登場。

板「ここ懐かしいよね」
光「あー?うん」

20071015130132.jpg 20071015130150.jpg
激しくぶっ壊れた信号機を激写。トラックかなんかぶつかったんですかねえ・・・。この様子を向かいの交差点から見ていたO嬢いわく「あの人は信号なんか撮ってなにやってんだ」と。

20071015124024.jpg 20071015124047.jpg
こちらが公開生放送が行われた、かわさきFMのサテライトスタジオです。
放送開始前からファンの方々が集まってくれました!
放送が始まる直前に「光咲をガラス側に座らせた方が良いな」と思い立ち

板「席代わる?」
光「あ?いいです」

アシスタント・パーソナリティの島岡美延さんが「板垣監督はどこかで見た事がある」って言われて、NHKの『未来観測 つながるテレビ@ヒューマン』を見て頂いてたんですね。
スタジオ入りする時も別の方が「どこかで一緒にお仕事しましたっけ?」と言われて。
改めて公共放送の影響力と言うものを感じました。

板「NHK見た?」
光「見てない」

トリウッド アリーナロマンス 岡村洋一 池田光咲 板垣英文01.jpg
そして岡村洋一さんと映画と映画『アリーナロマンス』を巡るトークの始まり!!
時間もたっぷりあるし、岡村洋一さんの映画にまつわる深い知識と人生経験から次々と興味深いエピソードが飛び出します!
冗談を交えながらグイグイと場を引っ張り、僕が答え易い様に話を向けてくれます。いやーさすがとしか言いようがない・・・。本当にありがとうございます。
前半の公開放送は僕の話が中心に進み、光咲が退屈そうにしてる。

板「大丈夫?」
光「どうしてですか!?」

公開放送が終了して一旦休憩をはさみ、後半は10/21(日)放送分の収録。
岡村さんの言わんとしてる事、シネマ日記に書いて頂いた『アリーナロマンス』の感想を読むとまた深く理解出来ますね。
後半は光咲についてもトークを進めてくれました。
光咲ファンには後半がお勧めw

岡村洋一さん。ここまで深く『アリーナロマンス』を掘り下げて語らせて頂ける場を設けて頂いてありがとうございます!
そしてそのきっかけを作って頂いた嶋田豪さん、全ての始まりの広瀬謙さんと伊庭圭介さん、ありがとうございました!

トリウッド アリーナロマンス 板垣英文14.jpg
最後に光咲と2ショット撮って締めようかと促すと、ヒョウ柄の王冠を目深に被り、急にバックの川崎フロンターレのフラッグ?をしきりに指差して

光「これも写さなくていいの?(もっと離れろ)」
板「はいはい」

(´-`).。oO(反抗期の娘と父親かい俺達は・・・)
2007-10-15 (Mon) | 記事URL | 監督日記:ポスプロ編 | COM(2) | TB(1) | 
安西夏紀来襲!
トリウッド アリーナロマンス 坂本佳菜子 板垣英文01.jpg
昨日はドラマの撮影が撮休となり、久し振りにトリウッドへ行く事が出来ました。

そしたらなんとぉぉぉおおおぉおぉおbikkuri01

国民的スーパーアイドル安西夏紀こと坂本佳菜子ちゃんが
トリウッドにご来場!

今まさに映画を観ているとのこと

(; ・`д・´) !? (`・д´・ (`・д´・ ;)な、なんだってー!!


佳菜子ちゃんはCMの撮影で東京に来るのに合わせて、お母さんと一緒に『アリーナロマンス』を観に来てくれたんです喜

映画が終わるのを待って夏紀を出迎え、トリウッドに展示されているアリーナロマンス・マスコットのお礼も直接言えました!
まさか直接お礼が言えるとは思ってなかったので、またちょっと込み上げてしまいました。
ありがとうございました(´;ω;`)ウッウッ

それにしても夏紀キャワ(・∀・)イイ!! 
もうしばらくは夏紀不足だと思ってたんで、イキナリのOver Dose!!

この日はいち早く駆け付けたファンの方達もいらっしゃって、ちょーラッキーでしたねきらきらァ
みなさん何度も『アリーナロマンス』を観て下さってるとのことで
本当にありがとうございます絵文字名を入力してください

確かにねー、また観に来るって言うキャストの方他にも何人かいらっしゃいますからねー。
ちょいちょいトリウッドに来てるといい事あるかもしれないですね。
もしかしたら自分の好きな人の隣に座って一緒に映画観るなんて
事もあるかもですね(n‘∀‘)η

次の回に来ておられたお客様に声をかけると、ジルバファンの方でした!
こちらも映画は2回目だそうで、本当に感謝です!
しかもジルバライターを貰っちゃいました喜

トリウッド アリーナロマンス ジルバ02.jpg
ありがとうございます!使うの勿体無いなあ~。
2007-10-15 (Mon) | 記事URL | 監督日記:ポスプロ編 | COM(2) | TB(0) | 
インターネットラジオ『ヒロイバ!』第6回配信!
トリウッド アリーナロマンス 広瀬謙 伊庭圭介03.jpg
先日お伝えしたインターネットラジオ『ヒロイバ!』にゲスト出演しました!の続き、『ヒロイバ!』第6回が配信されました!
僕は第5回、第6回と2週に渡ってゲスト出演させて頂きました。

Is.Field ラジオ放送局のページの『ヒロイバ!』リンクよりラジオを聞くことが出来ます。
みなさん良かったら聴いてみて下さいね。

トリウッド アリーナロマンス 広瀬謙 伊庭圭介04.jpg
パーソナリティの広瀬謙さんと伊庭圭介さんは、お互い俳優という視点から個性的な放送を行っていこうと意欲満々!
実際に二人のトークは面白くて、味があります。僕も笑っちゃいけないところで笑いを堪えるのに必死でしたw
今回は初のゲストと言う事で若干トーンが抑え目ですが、普段の二人はテンション高いです。
僕の出演回以外も聴いてみるとハマるかも!
2007-10-15 (Mon) | 記事URL | 告知です | COM(0) | TB(0) | 
ラジオ公開生放送に出演します!
かわさきエフエムより放送される、岡村洋一さんがメインパーソナリティの「岡村洋一のシネマストリート」という番組に10/15(月)、10/21(日)の2日間に渡って出演させて頂きます。

放送時間は以下となっております。

10/15(月)14:00~15:00 前編(公開生放送)
10/15(月)22:00~23:00 前編再放送
10/21(日)14:00~15:00 後編(収録:公開はありません)
10/21(日)22:00~23:00 後編再放送

って明日やん!

いやー今月に入ってからは『アリーナロマンス』舞台挨拶をはさみつつも、平日は某特撮戦隊ヒーロードラマの現場に技術スタッフとして参加しておりまして、ちょっと身体が追っ付きません。
現場では基本肉体労働ですので日々程好い疲労感というかクタクタになっておりますw
学校にも全く行けてない状況で、2年後期授業の時間割とか知らないし汗

今回もドラマの現場の合間を縫っての出演でありまして、非常に充実した毎日を実感しています。
今回はインターネットラジオ『ヒロイバ!』にゲスト出演しました!でお伝えした『ヒロイバ!』に出演させて頂いたご縁で新たな出演が決定しました。
人と人との繋がりって大切ですね。
当たり前の事なんですけど、この歳になって改めて経験しております。

「岡村洋一のシネマストリート」は僕が尊敬する大林宣彦監督や、先日「えみり・ジェンヌ」でも共演?させて頂いた行定勲監督などがゲストで招かれるような番組です。岡村洋一さん自身もラジオのパーソナリティーに留まらず、ミュージシャンであり脚本家であり、様々な作品に出演している俳優さんでもありと非常にマルチな活動をされている方。
僕なんか行って大丈夫かなあ~汗

あ、今回も芹沢舞華こと池田光咲が同行してくれます。
トリウッド広報のO嬢が「監督はとりあえず光咲ちゃんをキャスティングしとけば間違いない」と今回にして気付いたらしいです。
とは言え光咲と一緒にアリロマ宣伝とかはこれで最後かな?

今回の収録がある場所って、集合場所で書いたんですけど、『アリーナロマンス』で多用されたロケ現場でして。懐かしいね。

今回放送時間を改めて見ると前編の生放送と後編の収録で2時間の長丁場ですね汗
僕なんか延々とヲタ話しそうですけど。
『アリーナロマンス』の感想を直接伺っていると、みんな光咲の事を褒めてくれます。
今回は光咲と映画の魅力が充分に伝わればいいですね。

追記:いやーうっかりしてました。mixiのメッセージで質問されて改めて確認したんですが、明日の前半(生放送)の1時間はガラス越しのスタジオで公開放送です
(後半の収録は公開されません)
皆さん是非生光咲を見にお越し下さい


って公開ってめちゃくちゃ緊張するじゃん
2007-10-14 (Sun) | 記事URL | 告知です | COM(0) | TB(0) | 
ジルバ!
『アリーナロマンス』には「いまどきシンデレラ」や「ススメ!」と言った映画のために作られたオリジナルソングやサウンドトラック曲の他に、ジルバというロックバンドの「LAST BUS」という曲を挿入歌として使用させてもらってます。

僕はまだジルバのメンバーとは会ったりしたことはないのですが、彼等の曲に出会ったのは、『アリーナロマンス』の演出スタッフの一人であるぽんちゃんが、仲の良いバンドの方の知り合いという事でジルバの曲を聴かせてくれたのがきっかけです。

ジルバの印象は、荒く砕いた音をぶつけて来るような激しさ、かな。
荒いと言っても拙いという意味ではありません。強いって意味です。
音楽のクオリティは非常に高い。

僕は特別音楽に造詣が深いわけじゃないんで、抽象的な言葉でしか言い表せないけど。

古い例えで申し訳ないけどThe Roostersに近いものを感じた。似てるって事じゃなくて日本語歌詞の礫を荒っぽく放つ様とかがね。
そういう意味じゃthee michelle gun elephantっぽいのかも。
まあバンドや詳しい人からは「全然違いますよ」って言われちゃうかもだけど。

「LAST BUS」は歌詞の世界観などがBUMP OF CHICKENを想わせる様な"永遠の少年性"を歌った曲。
男だったら、いつしか胸の奥に仕舞い込んだ、かつて男の子だった頃の熱い記憶と想いを揺り動かされる部分なんです。
繊細な純真さと、その荒々しい強さを同時に感じさせて、コレだっ!て思いました。

それはまさにこの曲が流れるシーンのミツルの状況そのものなんです。

ミツルは少年だった頃の、舞華との短い日々を一生忘れないんです。

きっかけは女の子やアイドルだったにせよ、です。
男としての熱い想いが宿るわけですね。

今回ジルバの皆さんからは曲の提供に留まらず、「LAST BUS」とc/wとして「コーヒーカップに揺られながら」を含むサンプルCDをトリウッドで無料配布させて頂くなど、映画『アリーナロマンス』へ全面協力して頂いています。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

映画を観て「LAST BUS」が気になった方は是非、ジルバの他の曲も聴いてみて下さい。ジルバのofficial web siteより視聴が出来ます。


追記:ちなみに光咲も「LAST BUS」大好きと言っとりました(*^ー゚)b


2007-10-14 (Sun) | 記事URL | 告知です | COM(2) | TB(0) | 
10月08日(月)の舞台挨拶最終日
舞台挨拶最終日であります。
この日はあいにくの雨 でしたね。なのになんだか蒸し暑いんだか寒いんだか・・・。

『アリーナロマンス』のお祭りイベントも、この日を最後に後は殆ど予定がないと思うと寂しくなってきます

僕が出発すると同時に光咲ちゃんとこのブログも更新。ってことは今日の入りはそんなに早くないですね。
僕がトリウッドに到着する頃には、ファンの方々は既に劇場入り。ありがとうございます!

トリウッド アリーナロマンス 高梨麻衣05.jpg
上映が始まり、先ずは中本美麗役の高梨麻衣ちゃんがご来場です!
即座に萌え萌えに反応する美麗w

思わず「ひっさし振り~!」と言ってしまうぐらいご無沙汰してました。

次いで千代谷美穂さん、池田光咲ちゃんの順でご来場頂きました。
打ち合わせの為一旦みなさんで移動します

トリウッド アリーナロマンス 高梨麻衣 千代谷美穂01.jpg
芹沢美穂役の千代谷美穂さん。相変わらず美人!顔小っちゃい!気を遣われる!
そしてお茶目でノリが良い方なんですw
僕も思わずお姉ちゃんと言ってしまいます。演出で舞華目線で感情移入してるからでしょうね。
ってキモイか(ノ∀`)

奥では麻衣ちゃんが感想ノートにメッセージを書いて くれています。

トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 高梨麻衣09.jpg
舞華と美麗、オリキ仲良し同士の感動の再会・・・僕にとっては感慨深い2ショット なんですよ。
もし続編を作るとしたら、舞華と美麗はどんどんすれ違っていきますから。

トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 千代谷美穂02.jpg
そして芹沢姉妹!こちらも感慨深い・・・軽い感じで撮ってましたけどね。
姉妹の再会も今後アリロマ絡みではないでしょうから。
続編ではお姉ちゃんの人生も一変するでしょうね。

トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 高梨麻衣 千代谷美穂01.jpg
この日のキャスティングも映画ならではの顔触れで劇レアです喜
光咲ちんは普段のカジュアルベースにざっくりとしたVネックニットのポンチョをサラリと羽織っていらっしゃいました。
みなさんストールやカーディガンなどおしゃれな秋物仕様で素敵ですねー

トリウッド アリーナロマンス 高梨麻衣06.jpg
舞台挨拶を前に、劇場のドアに顔を押し付けて映画の音声に耳を澄ませる麻衣ちゃん。
ちょうど美麗が出て来るシーンだったんですよね。
麻衣ちゃんは撮影中からそうでしたが、素直で人懐っこい子なんですよね。
いつもニコニコして僕の話を聞いてくれます

舞台挨拶はまだまだ僕の回しがグダグダでしたな。
3日目で気持ちに余裕が出て来てるのに、トークスキルが全然追い付かない感じですね。
光咲は相変わらず安定してて助け舟 出してくれます。ありがとう。
撮影中やステージ上では頼りになる子ですね。
ステージ降りると全然助けてくれませんがw

そして撮影会。お馴染みのファンの面々と楽しい時間が過ごせました。
熱く映画の感想を語ってくれる人や、僕に握手を求めてくれる方までいて・・・感動です絵文字名を入力してください
しかも光咲ちゃんのとこのブログの常連さんだったんだよね。
その方が劇場を出て行かれた後で、光咲が「やったあ!」ってジャンプアゲアゲしたの。
ブログの常連さんが実際に会いに来てくれるって、そりゃ嬉しいよね。
同時にコイツもいい子だなーっと。改めてw

20071008154613.jpg 20071008154808.jpg
撮影会が終わり、出演者の方々とも別れを告げ、イベントも無事終了です。
一人トリウッドを出て、しばし一服 する頃には雨があがっていました。

今回連休を利用して3日間に渡り舞台挨拶を行ったのは、出来るだけ多くのキャストの方に出演して頂く為で、主要キャスト様全員にお声を掛けさせて頂きました。
他の出演者の舞台挨拶を期待していたファンの皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいですが、皆さんお仕事の都合でどうしても映画の応援に来られない状況であった事をご理解下さい。

そして映画『アリーナロマンス』を観に来てくれた皆さん。ありがとうございます。
感想、批評、思ったこと、何でも構いませんので『アリーナロマンス』の存在を他の周りの人達にお伝え下さい。

舞台挨拶に協力して下さった出演者並びに事務所の方々。ありがとうございました。

今後とも映画『アリーナロマンス』を宜しくお願い致します。
2007-10-09 (Tue) | 記事URL | 監督日記:ポスプロ編 | COM(2) | TB(1) | 
10月07日(日)の舞台挨拶2日目
この日は主人公、寺井ミツル役の田中康寛君、ミツルのクラスメート畑山秀行役の中田祐矢君がトリウッドへ駆け付けてくれました!

トリウッド アリーナロマンス 田中康寛 中田祐矢01.jpg
中田君久しぶりやなあ~
中田君といえば『花ざかりの君たちへ』最終回やねw
「僕の名前、分かる?」、「帷子ノ辻(かたびらのつじ)だろ!元気でな」
これですよw
嬉しくてテレビの前でニヤけたよ~。

そして我らがやっちゃん。
『アリーナロマンス』感想ノートを読むと、ミツルかなりモテモテだよ~。
女性のお客様から直接、主役の男の子が可愛いかったと感想を言われたりするよ。
それからGyaO「MIDTOWN TV」の「えみり・ジェンヌ」に出演した時、ホームチームの檜山さんが
主人公のミツルにすごく共感出来ると言ってくれました。
「前半はヲタクとして見てるんだけど、後半はもう自分の事として感情移入してしまう」って感じで言われたよ!

トリウッド アリーナロマンス 田中康寛 中田祐矢02.jpg
いやーイケメンだなおまいら。

映画『アリーナロマンス』はアイドルヲタと同時にオリキの子達も描いているからね。男子キャストのみのイベントってのも企画してたんだよね。

この日は二人の友達もいっぱい来てくれました。みなさん本当にありがとう!

そして美術スタッフのアイコも友達と一緒に来てくれました。
いやー嬉しいね!

舞台挨拶終了後、中田君とガッチリ握手して「また一緒に仕事しましょう!」って感じで別れたよ。
やっちゃんと中田君は仲間たちとワイワイとお昼の下北沢の街へ。
お疲れ様でした!

その後は『虹色★ロケット』の小泉優絵ちゃんがご来場!『アリーナロマンス』を観て下さいました。
最初は綺麗な女の子が入ってきたなあって思ってて。
『虹色★ロケット』を観た時から可愛いと思ってましたけど、更にきれいになられましたな。
感想もノートに書いてくれました!
その後スタッフの湯浅さんと下條君も遊びに来てました。

それからボンヤリと、上映中の『アリーナロマンス』をモニターで観てました。
結構没頭して観てたら、何やらガヤガヤと誰かが来場された気配。
すると僕の横へピョコンと女の子が飛び出して来て、「お久しぶりです!彩音ちかです。覚えてますか?」と。
あれ?覚えはあるけど・・・どこで会ったんだっけ?
「えーとあの、えと・・・」不意を突かれて僕がしどろもどろになっていると、パタパタとどこかへ行ってしまわれた。
その後「あ、村山さんのイベントの取材で撮影した子だ・・・」と思い出して改めて挨拶しておきました。確か15歳ぐらいだと思ってましたが、普段のメイクや私服が大人っぽくて直ぐに思い出せませんでした。ごめんなさい。
映像製作集団CRAYの作品上映で来てらしたんですよね。プロデューサーの佐藤さんと
「(業界せまいから)悪い事出来ませんなあw」みたいなお話したり。

とそんなこんなで2日目を終えたのでした・・・。

映画『アリーナロマンス』を観に来てくれたみなさん、本当にありがとうございました!
舞台挨拶に駆け付けて来てくれたやっちゃんと中田君もお疲れ様。ありがとうございました!
2007-10-09 (Tue) | 記事URL | 監督日記:ポスプロ編 | COM(0) | TB(0) | 
坂本りおんちゃんのビデオメッセージ携帯版
「坂本りおんちゃんから」でご紹介した、坂本りおんちゃんから映画『アリーナロマンス』へ頂いたビデオメッセージ動画の携帯版リンクを貼ってみます。
内容は全く同じです。

坂本りおんちゃんから映画『アリーナロマンス』へメッセージ

坂本りおんちゃんから池田光咲ちゃんへメッセージ

坂本りおんちゃんからぴっぴ(こんのあいちゃん)へビデオメッセージ

一応僕の携帯DoCoMoのFOMA端末で再生確認済みです。
短い動画なので他の携帯でも再生出来るのでは思うのですが、ダメならゴメンなさい
2007-10-08 (Mon) | 記事URL | 告知です | COM(2) | TB(0) | 
NHK『つながるテレビ@ヒューマン』の反響
2007y10m08d_101818593.jpg
23時の1時間で355人の方がこのブログに訪れたという事です。この日は初の1000ヒット超えを記録しました。
有難いことです。

リアルタイムで喰いついてくる2ちゃんねる住人すごいっス。

放映後、友人・知人、各方面から電話やメールが入って来てます。


『アリーナロマンス』関係者からは全く連絡がありません・・・

みんな引いたか((;゚Д゚)オオーイ


2007-10-08 (Mon) | 記事URL | 愚痴とか独り言 | COM(4) | TB(0) | 
10月06日(土)の舞台挨拶初日
トリウッド アリーナロマンス ミッチー 山本P01.jpg
初日に駆け付けてくれたスタッフのミッチーと、お馴染み山本P
他にもスタッフのさきがお母さんと共に来てくれました。実はさきの家がミツルの家のロケ地なんです!撮影中は大変お世話になりました。
作曲家の伊藤ひさ子さんもご来場。ありがとうございます!
たくさんの人でトリウッドがいっぱいになりました。

トリウッド アリーナロマンス 池田光咲49.jpg
我らが姫君、光咲プリンセスw
初日はP-Aの舞花ちゃんとオソロのラブボのワンピ。普段は一年中ショーパンでいるんじゃないかっつ-ぐらい元気印のみさきんぐが最近は姫化してるw 
もちろん『アリーナロマンス』イベントに合わせてくれてるんだと思うけど。
それにしてもシフォンの花柄のワンピなんて・・・女の子っぽいね(*´д`*)
みさきんぐならゼブラとかアニマル柄をチョイスしてもおかしくないのにw

トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 田中康寛 板垣英文04.jpg
主役のミツルことやっちゃんも来てくれました!ありがとうね。
相変わらずの爽やかイケメンさんだねえ!やっちゃんといると何故かホッとする監督。
この日も舞台挨拶のトークはやっちゃんに頼りっきりでしたw

あっ!紫甫ちゃんとあいちゃんの写メ撮ってないΣΣ(゚Д゚;)ビガーン!!
実はチェキがなかなかうまく撮れなかったり、ワタワタしてるうちに撮り逃しちゃったんだ・・・ゴメン

久しぶりに再会した紫甫ちゃんはねえ・・・何か可愛かった。
改めて可愛い子だなってw
本人はゆみ先輩の役がキツイ役なのを若干気にしてたけど、ファンにとってはそのギャップがまたたまらんのでは?

あいちゃんも普段は一年中ピンク一色でいるんじゃないかっつ-ぐらいなんだけどw この日はTPOに合わせてシックなおしゃれさんに変身。
この子は極端なんだけどピンクじゃない時は黒基調のモノトーンな印象がある。
でも似合ってるよ。

トリウッド アリーナロマンス 舞台挨拶01.jpg
トリウッドは現在『アリーナロマンス』一色!フェスティバルになってますw

そして佳菜子ちゃんのお母様から頂いた"アリロマ・マスコット"が展示されております!
見る人みんな「かわいー!かわいー!ちょーかわいー!」を連呼しております。

トリウッド アリーナロマンス 舞台挨拶02.jpg
『アリーナロマンス』挿入歌であるジルバの『LAST BUS』サンプルCDを無料配布しています!早い者勝ちですよ!
提供して下さったジルバさん、ありがとうございます。
ジルバさんの事も改めてここのブログで紹介させて貰いますね。

トリウッド アリーナロマンス 舞台挨拶03.jpg
アリロマ感想ノートです。みなさんガシガシ書きこんで下さいね。


映画『アリーナロマンス』を観に来てくれた皆様。感謝してます。
ありがとうございました!

舞台挨拶に出演して頂いたキャストの皆様。お疲れ様でした。
ありがとうございました!
2007-10-08 (Mon) | 記事URL | 監督日記:ポスプロ編 | COM(2) | TB(1) | 
インターネットラジオ『ヒロイバ!』にゲスト出演しました!
俳優の広瀬謙さんと伊庭圭介さんがパーソナリティを務める、ネット・ラジオ『ヒロイバ!』に
映画『アリーナロマンス』の告知の為ゲスト出演させて頂きました。

トリウッド アリーナロマンス 広瀬謙 伊庭圭介01.jpg

Is.Field ラジオ放送局のページの『ヒロイバ!』リンクよりラジオを聞くことが出来ます。

広瀬謙さんのブログ 
伊庭圭介さんのブログ 

いやー 難しいわ、ラジオ・・・
伝えたい事がうまく喋れない(;´Д`)

光咲ちゃんとかラジオやってんだよねえ・・・すごいね。
タレントさんとかすごいよね。
段取りとか尺とか計算して喋ってんだもんね。

とりあえず声を張れ!俺w

トリウッド アリーナロマンス 広瀬謙 伊庭圭介02.jpg
広瀬さんは何と僕と同い年。親近感が沸きますねえ。最近同世代の人とお仕事してないもんでw
伊庭さんは雰囲気のあるイケメンで同時に面白い人だった。

いやーお二人、お疲れ様でした。
2007-10-08 (Mon) | 記事URL | 告知です | COM(0) | TB(0) | 
『アリーナロマンス』舞台挨拶初日
無事終了しました。
映画を観に来てくれたみなさん、本当にありがとうございました!

映画を監督するという経験も初めてでしたが
監督した映画が一般上映されるというのもまた初めての経験!

ありきたりの言葉では言い表せないような、何とも言えない気持ち。
嬉しさと興奮と・・・そして楽しかった!

撮影会ではお馴染みのファンの方々が大集合して下さって、キャストのみなさんと楽しく交流して頂けました。
監督の僕も普通に楽しんでしまいましたw

その後僕とプロデューサーの山本さんの二人で小さく祝杯をあげ、深夜帰路につきました。

なので若干寝坊して焦り気味の僕ですが、まずはここで皆さんに感謝のご挨拶をせねばとブログを更新しております。

本日は舞台挨拶2日目です!!
まだまだ『アリーナロマンス』イベントは続きます。
今日は田中康寛君と中田祐矢君がやって来ますよ!
みなさん『アリーナロマンス』是非観に来て下さいね。

さて「NHKの『未来観測 つながるテレビ@ヒューマン』という番組に僕が出演します」で告知した通り、今日はNHKで僕の密着取材が約10分ぐらいのコーナーで放映されます!

『アリーナロマンス』本編の映像もちょこっと流れます。
最低の生活から這い上がろうと奮闘するおっさんが垣間見れます。
夢を持つ人々へ何かしらの希望が与えられたら幸いであります。
2007-10-07 (Sun) | 記事URL | 告知です | COM(14) | TB(0) | 
いよいよ公開初日!!!!!!!!!!!!
を迎えたわけですが。

監督ちょこちょこっと仮眠が取れただけで良く眠れませんでしたw 
というかブログ書きながら寝てしまって 中途半端に早朝起きてしまいました。

まずは嬉しいお知らせから!

畑山秀行役の中田祐矢君と、中本美麗役の高梨麻衣ちゃんも舞台挨拶に駆け付けてくれることになりましたあ ドーン

お二方と事務所がギリギリまでスケジュール調整をして下さったお陰なんです!
ありがたいことですbikkuri01

特に中田君は打ち上げ以来、麻衣ちゃんとは撮影以来の再会ですなあ汗

というわけで舞台挨拶の出演者が追加になります!変更は以下の通り

10/6(土)    12:30の回上映終了後 舞台挨拶
田中康寛さん、池田光咲さん、こんのあいさん、松本紫甫さん

10/7(日)    12:30の回上映終了後 舞台挨拶
田中康寛さん、中田祐矢さん

10/8(月・祝) 12:30の回上映終了後 舞台挨拶
池田光咲さん、千代谷美穂さん 高梨麻衣さん


となっております。これは嬉しい変更ですなあ・・・ありがとうございます!



さて、一般公開を直前に控えて監督の僕は・・・
様々な想いが駆け巡っているわけでございます。

自分の監督した映画が単館とは言え劇場公開されます・・・

上映されるからこそ映画は映画たるわけで・・・

映画に憧れる者にとって、それはそれは熱く切望された瞬間であり
それはそれは恐ろしい瞬間であります。

そして映画『アリーナロマンス』はスタッフ・キャスト及び関係者のみなさんに支えられ、またそれぞれの様々な想いを詰め込んだ映画になっております。

観客のみなさんは難しいことは考えずに
映画『アリーナロマンス』を気軽な気持ちで楽しんで頂ければと思います。

板垣英文
2007-10-06 (Sat) | 記事URL | 告知です | COM(0) | TB(0) | 
映画『アリーナロマンス』スタッフブログ
一般公開を前に
ここのブログを振り返ろうかと思います。

このブログを立ち上げるきっかけは、製作スタッフから映画の公式ホームページや公式ブログがあった方がエキストラを集めやすいって意見からですね。

僕ももっともだと思ったし、ブログとかやるのは好きなんですけど、プリプロ(映画の製作準備作業)は多忙を極めてたし、始めたら始めたで凝っちゃって大変なんだろうなと思いました。
プロデューサーの山本さんに「ブログとか立ち上げはいつなんですか」と聞くと、「そんなもん上映直前の宣伝期間中でいいんだよ」って言われました。
ただ製作・演出スタッフがエキストラ募集に大変苦労しているのを知っていたので、僕が管理するという事で見切り発車的にブログをスタートさせました。
とは言えもっと早く始めていれば、プリプロからのレポート記録が残せたんですけどね。

撮影期間中、ただでさえテンパってる僕一人で管理するのは大変なので、ブログを作って下さいと言ってきた製作・演出スタッフを含めた4人にブログのログインパスワードを教えて、一緒にブログを運営して下さいと呼びかけた。
僕の当初のイメージは、それぞれのスタッフが好き勝手に映画について記事を書いて、みんなで楽しく盛り上がる感じでした。
だから映画『アリーナロマンス』スタッフブログというタイトルなんです。

とはいえ誰も記事を書いてくれませんでしたw
まあ僕の人望の無さを露呈したというかw

製作期間中の愚痴でも不満でも自由に書いて欲しかったんですけどね。むしろそれが狙いでした。そのほうが面白いだろうなと思ってた。

というわけで監督が趣味のヲタ目線でキャストを追っかけるというヲタヲタしいブログになりましたね。

「いよいよ明日は」オールスタッフを前に武者震いする、なんて書いてますが風邪で高熱が出て本当に震えてるんですよねこの時w

「CHE.R.RY」当時YUIさんの「CHE.R.RY」が好きで。まあ36歳のいい歳したおっさんが舞い上がって浮かれてました。でも『アリーナロマンス』は青春胸きゅんラブストーリーだから、監督自身もそこまでテンションを引っ張り上げるべきだとも思ってました。そのうちスタッフ間でも口ずさまれるようになりましたね。みんな辛い恋してるなーっていうw 『アリーナロマンス』の裏テーマ曲w

撮影終わった4月から7月ぐらいまで、楽しかった『アリーナロマンス』の浮かれた気持ちを切り替えなきゃって感じでブログも地味め?別の商業映画の技術スタッフの仕事に没入したり、アリロマブルーw
6月なんて7件しか記事かいてない。
しかも映画公開の9月中旬(当初の予定)までブログを引っ張らなきゃって思いもあって、ネタの出し惜しみとかw
とは言えスチール担当の川崎君が撮影中に撮った写真って何千枚もあるから、キャスト・スタッフの未公開画像も膨大にあるんですけどね。
結構ブログをどう構成していくかっていうぼんやりとしたアウトラインはあって、東京ビジュアルアーツの夏の体験入学に合わせた『アリーナロマンス』メイキング特集を進めていくつもりが、「文章が偉そうだ」って指摘されて止めたり、書こうと思いつつ書けてない記事も多いですね。

もう書ける時に書きたい事しか書けないやって、僕だけのブログみたいに占有しちゃって、僕の私生活しか書いてない時とかw
でもこの時期がある意味転機で、吹っ切れて行くんですけどね。

今月も1日からドラマの現場の技術スタッフの仕事が始まって、昨日まで機材準備と積み込み作業。今日からクランクインなんですけどね。
そっちは休んで『アリーナロマンス』の舞台挨拶の方へ出るんですけど、ムチャクチャですよね。
お断りした仕事も沢山あって、本当に申し訳ないです。

今後ここのブログは、まあ公開後は公開後に書きたいこともあるんでしばらくは依存して続けていけるかなって感じでいます。
2007-10-06 (Sat) | 記事URL | 愚痴とか独り言 | COM(0) | TB(0) | 
画像検索02
以前画像検索のことについて書いたんですけど。

最近ここのブログをGoogleで画像検索してもズラズラーッと画像が出なくなりましたね。

何でかって画像が検索され過ぎて、各サイト毎にまとめて表示される様になったというか・・・。
ブログをやっててこんな事は初めてですねえ。

最近映画『アリーナロマンス』が様々なサイトで紹介されています。リンクも貼って頂いている。
監督の僕自身、全ては把握してません。

ブログのアクセス解析で、思わぬ所からブログに飛んできてる人がいたり、『アリーナロマンス』で検索をかけると見知らぬページがヒットしたり・・・。

有難い事です。
感謝しています。
2007-10-06 (Sat) | 記事URL | 愚痴とか独り言 | COM(0) | TB(0) | 
2ちゃんねるに『アリーナロマンス』のスレが立ってます
2ちゃんねるの「生活」カテゴリー内にある、Walker+という板に立ってます。

【映画】アリーナロマンス[2007/10/06~]

僕もWalker+なんて板、初めて知りましたねえ。スレ立ては★(キャップ)付き限定?

★(キャップ)付きって言うのは、2ちゃんねるの運営作業をボランティアで手伝っている有志者達のこと。
固定ハンドルネームに運営権限を有する証、★の記号が付きます。
板の性質によっては、誰でも彼でもスレ立てしてしまうと大混乱する所があるので、★付き限定でしかスレ立て出来ない板があるわけです。

今のところ書き込みは0w 普通にレス(書き込み)するのは誰でも出来るようなのでみなさん良かったら何かレスして下さいw
盛り上がりによっては僕も書き込もうかなあw
2007-10-06 (Sat) | 記事URL | 告知です | COM(0) | TB(0) | 
「下北沢経済新聞」に映画『アリーナロマンス』紹介記事
「下北沢経済新聞」に『アリーナロマンス』の紹介記事が掲載されました!

オタクの恋愛を描く「アリーナロマンス」-下北沢で単館公開へ

僕は渋谷を舞台にした作品を考える時とかは「渋谷経済新聞」とか良く参考にしてたんですよ~。
『アリーナロマンス』も渋谷が出て来ますんで、企画・シナリオ執筆時にはちょくちょく読んでました。
渋谷のストリートに密着した情報をリアルに描こうと思ったら、それこそ渋谷に行って女子高生なんかと仲良くなった方が早いんですけど、当時はそんな余裕なかったですからねえ・・・今だったら十代の子達の知り合いも増えて、普通に聞きますけど。

「みんなの経済新聞」ネットは「Wikipedia」でも分からない様なリアルタイムの情報を逐一フォローしてますからねえ。そこに『アリーナロマンス』が載ってるんだから嬉しいです。

同時にmixiにもリンクしてます。
オタクの恋愛を描く「アリーナロマンス」-下北沢で単館公開へ

みんな日記書いておくれようw
2007-10-06 (Sat) | 記事URL | 告知です | COM(0) | TB(0) | 
「クリエイターズステーション」にて『アリーナロマンス』特集
「クリエイターズ ステーション」とは、様々なジャンルのクリエーターを応援、クリエーターと企業や顧客との架け橋となるマネジメント業務を行っている株式会社フェローズが運営するサイトです。

こちらで映画『アリーナロマンス』が特集されました!

業界 What's Going on ? ~ちょっとだけ内緒な話~ 第30回
映画編 『アリーナロマンス』
~トリウッドスタジオプロジェクト報告~


僕とトリウッド館長の大槻さんのインタビューが載っています。

このブログでは語られなかった『アリーナロマンス』製作秘話がストレートに語られております。

「そもそも36歳のおっさんが専門学校に入学したのは分かるけど、専門学生が何故いきなり商業映画が撮れたの?」

「トリウッド・スタジオプロジェクトって結局何?」

「『アリーナロマンス』の制作費はズバリ何円?」

などなどの疑問をお持ちのお方などは答えが載っとりますよ。

この時のインタビューは、インタビュアーの方々が映画『アリーナロマンス』をすごく肯定的に評価してくれていて、嬉しかったのを覚えています。
ありがとうございました。
2007-10-06 (Sat) | 記事URL | 告知です | COM(0) | TB(0) | 
NHKの『未来観測 つながるテレビ@ヒューマン』という番組に僕が出演します
10月7日(日)NHK総合 23:00~23:40放送の『未来観測 つながるテレビ@ヒューマン』の、明川哲也さんの「陽はまた昇る!」というコーナーに私板垣英文が出演します。

実は数日前から密着取材を受けておりました。
僕のヲタっぷりや、人となりが赤裸に映し出されていると思います。
まあこれを見て引く人もいると思いますが、こんな人間でも夢が叶えられるってとこを見て欲しいです。
2007-10-03 (Wed) | 記事URL | 告知です | COM(0) | TB(0) | 
石黒彩さんのインタビュー記事
みなさん「東京スポーツ新聞に石黒彩さんのインタビュー」で告知した記事読んで頂けましたか?

いやー彩っぺさんの人柄が伺えるいい記事でしたねえ。

『MIDTOWN TV』で共演させて頂いた時にも改めて実感したんですけど、映画『アリーナロマンス』への眼差しがあったかいんですよ・・・

シナリオに頂いたサインもね。御自身の似顔絵イラストと「撮影頑張れ!」ってメッセージを添えて下さって。

やっぱり素敵な女性です
2007-10-03 (Wed) | 記事URL | 愚痴とか独り言 | COM(1) | TB(0) | 
坂本りおんちゃんから
『アリーナロマンス』へメッセージを頂きました!!

坂本りおん 映画『アリーナロマンス』へメッセージ
この日のりおんちゃんは学園祭で声が枯れて若干ハスキーヴォイスになってましたが、『アリーナロマンス』にコメントしてくれました

以前「せまい業界?」でも書いたんですけど、『アリーナロマンス』とりおんちゃんは遠からず近からずな関係。
『アリーナロマンス』キャストオーディションの一次にエントリーしていたりおんちゃんの事は、アイドル安西夏紀役として監督の頭の中だけで熟考を重ねておりました。
オーディション応募者でブログをやっている方は全員分目を通してまして、りおんちゃんもブログを見たり、イメージDVDを何枚か出されてますのでサンプルムービーを参考にしたり。
ただ現在は大人っぽい感じになられたと思うんですが、当時は夏紀の設定年齢に比べて顔立ちが幼過ぎるという判断に達しました。
またりおんちゃんの魅力はころころと様変わりを見せる豊かな表情や天真爛漫なところ。ちょっと夏紀じゃないかな、と思いました。


ついでに・・・。

光咲ちゃんへのビデオメッセージも頂きました(゚∀゚)

坂本りおん 池田光咲ちゃんにビデオメッセージ
ドラマ『ライフ』ではクラスメート役で共演していた二人。『ライフ』撮影時のお互いのブログでも仲良しぶりが確認出来ました。


さらに・・・。

ぴっぴことこんのあいちゃんにもメッセージを(゜∀゜;)

坂本りおん ぴっぴ(こんのあい)へビデオメッセージ
りおんちゃんとあいちゃんは事務所が一緒。本当に仲が良くて気心の知れた関係って感じですねw

りおんちゃんありがとうございました♪♪
2007-10-03 (Wed) | 記事URL | 告知です | COM(6) | TB(0) | 
| Top Page | Next

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。