スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
寺井ミツルという名の奇跡
トリウッド アリーナロマンス 田中康寛15.jpg トリウッド アリーナロマンス 田中康寛16.jpg トリウッド アリーナロマンス 田中康寛17.jpg


ミツルの本当の意味での?活躍と冒険は前述の芹沢舞華という名の伝説でも書いたように、『アリーナロマンス2』があるとすれば詳しく描かれる事になるんですけどね
(´ー`)y─~~~


alt=

alt=
スポンサーサイト
2007-06-24 (Sun) | 記事URL | アリーナロマンスの世界観 | COM(6) | TB(0) | 
芹沢舞華という名の伝説
トリウッド アリーナロマンス 池田光咲39.jpg
『アリーナロマンス』のシナリオ改稿中に出てきた話なんですが、『アリーナロマンス』は初めからトリロジー(3部作)が作れるぐらいのボリュームで物語を考えてます。つまり『アリーナロマンス2』とか『アリーナロマンス3』ぐらいまでお話が続く中の、一番幸福な瞬間が今回制作した『アリーナロマンス』です。
その後はミツルと舞華が大人になって行くんです。

もちろん次回作を作る予定は今のところありませんけどね。

2007-06-22 (Fri) | 記事URL | アリーナロマンスの世界観 | COM(3) | TB(0) | 
有楽町線で
トリウッド アリーナロマンス 池田光咲38.jpg
舞華ハッケソ

乙です
2007-06-16 (Sat) | 記事URL | 愚痴とか独り言 | COM(0) | TB(0) | 
レコーディング 安西夏紀編
ついにこの日がやってキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!

安西夏紀の初ソロシングル曲『いまどきシンデレラ』のレコーディングです

トリウッド アリーナロマンス坂本佳菜子21.jpg
お馴染み東京ビジュアルアーツのFスタジオ。
オペレーターは今回も音響学科の倉持TA。奥のブースに夏紀こと佳菜子ちゃん、そして『いまどきシンデレラ』及び全劇中歌のアレンジャーの寺沢さんが全面指導と万全の体制スゲー

トリウッド アリーナロマンス坂本佳菜子24.jpg
だけどやっぱ夏紀の偉いとこはですね、ちゃんとヴォイトレの時に『いまどきシンデレラ』で指導して貰って練習して来てるところッスよ。

トリウッド アリーナロマンス坂本佳菜子22.jpg
今回はもうキーを合わせるとかではなく、どう歌うかという歌唱表現に集中出来ました。寺沢さんの指導も本格的。監督も山本さんもサスガと納得。
そして『アリーナロマンス』劇中歌及び音楽の伊藤さんも差し入れと共に駆け付けてくれました。

レコーディング中もみんなで声援、ヲタ芸で夏紀の気持ちを盛り上げましたヽ(゚∀゚)ノ
ライブシーンの撮影の思い出が蘇ってきて楽しかったなあw

トリウッド アリーナロマンス坂本佳菜子20.jpg
更にこの場で急にハモリもレコーディングしようと言う事になりましたが、難なくこなしちゃう夏紀
(・∀・)スゴス

いやー池田さんが生意気な娘だとしたら、佳菜子ちゃんは監督の事も立ててくれるし可愛い孫娘って感じです・・・もうジジイ感覚の俺(;´Д`)

実際『アリーナロマンス』撮影中の夏紀は設定年齢18歳に引き上げてあるんで大人っぽいメイクしてましたが、普段の佳菜子ちゃんは16歳。お人形さんみたいに(*´д`*)カワユス

2007-06-16 (Sat) | 記事URL | 監督日記:ポスプロ編 | COM(0) | TB(0) | 
after recording 2
本日は東京ビジュアルアーツで安西夏紀こと坂本佳菜子ちゃんに福岡からお越し頂き、アフレコ作業が行われました

トリウッド アリーナロマンス坂本佳菜子18.jpg
初アフレコ体験に緊張気味の佳菜子ちゃん。でも彼女はやればやるほど良くなる子なんです
演出し甲斐があるどんどん癒しのアイドル安西夏紀が蘇って来てるよヽ(゚∀゚)ノ


トリウッド アリーナロマンス坂本佳菜子19.jpg
トリウッドの大槻さんんも差し入れと共に駆け付けてくれました=3
そしてついつい演出に熱がこもり過ぎる監督だってやればやるほど良くなっていくんだよー(´・(ェ)・`)
後のレコーディングもあるから・・・と周囲にたしなめられてアフレコ終了w


2007-06-16 (Sat) | 記事URL | 監督日記:ポスプロ編 | COM(0) | TB(0) | 
編集ラッシュ試写3
トリウッド アリーナロマンス トリウッド03.jpg
昨夜も下北沢トリウッドにて『アリーナロマンス』編集ラッシュ試写が行われました。
僕はこれで3回目の参加ですが、僕のいない時にも何度も行われています。
今回は主に出来たばかりのサウンドトラックの音入れの確認となりました。
『アリーナロマンス』の音楽は主題歌を始め伊藤ひさ子さんが作って下さっており、昨日は伊藤さんも交えての試写、ミーティングとなりました。

映画において音、音楽は非常に重要な要素だと思っています。
もちろん初めから画やお芝居をきちんと撮っておく事が前提ですが、後に良い曲や音を加えると作品は更に深さや厚みを増します。
音楽によっては観る人の印象をガラッと変えてしまったりね。

それで僕、大林宣彦監督の影響で劇伴とか憧れてるわけですw
スピルバーグとかルーカスも好きですから、ジョン・ウィリアムズの音が染み付いてたりする。

単に映像にぶつ切りの既存曲を乗せるのではなく、映像に合わせて音楽を作曲してもらうのが一般的に劇伴と言われます。更に映像の動きやカット割り、人物の心情の動き等に連動して演奏すると本格的ですね。劇の伴奏という訳です。
今分かりやすいのは久石譲さんとかかな。

今回はそれに近い事を伊藤さんに頼んでみました。

キャスティングと同じく映画の主題歌やメインテーマは、作品の顔とも言えます。
曲との出会いも一期一会だなあ・・・なんて思ったり。

ちなみに現時点で「舞華のテーマ」とか「ミツルのテーマ」とかあるよw
聴きたいっしょ?
トリウッド アリーナロマンス トリウッド02.jpg
2007-06-16 (Sat) | 記事URL | 監督日記:ポスプロ編 | COM(0) | TB(0) | 
recent situation report
トリウッド アリーナロマンス 板垣英文09.jpg トリウッド アリーナロマンス 板垣英文10.jpg トリウッド アリーナロマンス 板垣英文11.jpg


最近更新が滞ってるアリロマブログですが。
実は全く関係ない別の劇場公開映画に技術スタッフとして参加しておりまして。
mixiの方は完全に個人の日記なんで連日詳しく書いてるんですけどね。
正直疲労困憊と寝不足でなかなかこちらのブログの方まで書けない状態です。いろいろと書きたい事は山のようにあるんですがねー。
あと心境の変化で一部記事を削除しています。一旦仕切りなおして書き直したりしたいんですが、混乱を招いてるかもしれないですね。

ただ映画の現場は大変だけど、やっぱり楽しいです
充実してる。
もちろん『アリーナロマンス』も楽しかった。僕にとって至福の期間でしたけど。
僕は本当に映画の制作現場って処に憧れてたんだなと改めて実感しています。

『アリーナロマンス』を経験していたからこそ、プロの現場と比較して全てが勉強になりますね。
監督の演出、制作の仕切り、撮影、照明、録音技術等々・・・。
盗めるものは全部盗みますw

キャスティング担当の方に、主演女優さんと同じ事務所の坂本佳菜子ちゃんを売り込んでおきました。女子高生役が必要な時は是非(`・ω・´) シャキーン


2007-06-07 (Thu) | 記事URL | 愚痴とか独り言 | COM(2) | TB(0) | 
| Top Page |

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。