スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
あたし退屈しのぎで友也のこと好きになったわけじゃない!
トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 田中康寛13.jpg
劇中の舞華のセリフです。

みなさんは人を真剣に好きになった事がありますか?


僕はあります。

叶わない恋だったけど
それ故に純粋で
切ない想いでした。

人を好きになるって、なんて狂おしい感情でしょうか
嫉妬で、荒れ狂う嵐の海へ投げ出された気持ちになることもあります。

一番好きな人に限って
うまく振舞う事が出来なくなってしまう不思議。
好きな人に微笑み掛けられただけで天高く舞い上がってしまう心
好きな人に冷たくされるとまるで地獄に突き落とされたような気持ち。

勝ち負けで言ったら完全敗北・・・
行き先は荒野かイバラの道か

それでも僕はそんな人たちを、ススメ!ススメ!と応援せずにはいられない。

スポンサーサイト
2007-11-23 (Fri) | 記事URL | アリーナロマンスの世界観 | COM(0) | TB(0) | 
10月22日(月)
※「読んでて引く」「監督としての立場を逸脱している」等の意見が寄せられましたのでこの記事は削除しました
(記事内容:『アリーナロマンス』本編日付設定の最後の謎解き、池田さんへの誕生日メッセージ)
2007-10-22 (Mon) | 記事URL | アリーナロマンスの世界観 | COM(1) | TB(0) | 
『アリーナロマンス』の日付設定
僕は映像作品を作る場合、あまり詳しい日時というものを示したくないんですね。

画面に西暦何年、何月何日って出しちゃうと、リアルタイムならいいけど何年後かに作品を観ると何か古臭く感じる時あるじゃないですか。

まあ極端な例えだと『2001年宇宙の旅』とか。
もう2007年だけど宇宙旅行はまだ一般化されてないし。タイトルがもうピンとこなくなる。
とは言えそんな事は超越するような名作なんですけどね。製作は1964年からですか。

だけど映画『アリーナロマンス』は具体的な日時を画面上に出す必要があった。
ミツルが入り浸ってるネット掲示板の日付表示ですね。

どこかの某ネット掲示板という設定なので、別に日付は表示されないって仕様にしたって良かったんですが、2ちゃんねるのモー娘。板を模すというディテールを優先しました。

『アリーナロマンス』の撮影期間というのは桜が満開になっていき、散っていくまでの間でした。

トリウッド アリーナロマンス 桜04.jpg トリウッド アリーナロマンス 桜05.jpg トリウッド アリーナロマンス 桜06.jpg
(こちらは「CHE.R.RY」で書いた時の実際の車上から川崎君が写した靖国の桜)

プリプロ(撮影準備期間)の段階、というかシナリオの時点で桜をバックに映す事を考えていましたので、季節と言うものは限定されていたのです。

なぜ季節を限定してまで桜にこだわったのか。
一つに大林宣彦版『時をかける少女』へのオマージュですね。

トリウッド アリーナロマンス 桜07.jpg トリウッド アリーナロマンス 田中康寛 中田祐矢03.jpg トリウッド アリーナロマンス 田中康寛 中田祐矢04.jpg トリウッド アリーナロマンス 桜08.jpg

それに桜は季節感、さり気ない日本情緒を演出するのに最適な素材ですし。
そして「CHE.R.RY」のように毎年"さくら"をモチーフにしたJ-POPがヒットするのは、
若い世代にも桜は"切ない、いいものだ"という共通認識があると言う事。
3月、4月と言う別れと出会いの時間に、僕らの周りには桜が溢れています。
それからキャストの方々の衣装を、コートとか暖かい物に設定したかったんですね。撮影時はまだまだ寒い時期ですから。ロケで場合によっては外に出たまま待ち時間が長い状況とかもどうしても出てきますからね。

トリウッド アリーナロマンス 田中康寛18.jpg トリウッド アリーナロマンス 撮影40.jpg トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 田中康寛10.jpg トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 田中康寛11.jpg

というわけで、ミツルや舞華の見ているネット掲示板の日付表示は撮影期間とほぼ変わらない2007年の3月初旬から4月中旬までとなっています。

トリウッド アリーナロマンス 池田光咲 板垣英文04.jpg トリウッド アリーナロマンス 池田光咲51.jpg トリウッド アリーナロマンス 池田光咲52.jpg トリウッド アリーナロマンス シェイク01.jpg

そして映画のラスト近く、事態は急展開します。
それから半年ぐらいの時が流れて、

荒れていた掲示板のスレ(スレッド)に、ある名無しが思い付いた様に一つの書き込みをします。
その様やスレの流れが、いわゆるタンポポ祭りの発端となった書き込みとその状況へのオマージュとなっています。

2007-10-21 (Sun) | 記事URL | アリーナロマンスの世界観 | COM(0) | TB(0) | 
こんのあい(上條絵里奈役)×板垣英文(監督) ブログ対談 02
トリウッド アリーナロマンス こんのあい11.jpg
板) えー、・・・なんかあいちゃんとは久しぶりってか、不思議な縁が続々発覚したんだよね><

あ) そぅなのですょΣ(o′口`o)!!監督さんのプロフィールを見ていたら、出身が『島根県』ってo
あーゎぴっぴ星スターダスト出身だけど、島根で育ったのですょ(*´v`*)しかも母校も、推しメンも一緒だったっていう(笑pq′`*)

板) ぴっぴ星出身なのに島根経由っていうのはw 
まあだからねー、あいちゃんとは親近感というか、もともとハロヲタ同士っていう違う親近感はあったけどw 
  
例えば光咲ちゃんが娘(親子なのにそりが合わない)、佳菜ちゃんが孫(溺愛)だとしたらあいちゃんは妹って言うか・・・萌系の妹ってわけじゃなくて(僕、実の妹がいるんで妹幻想とかないんです)w 
親戚の子みたいな親近感があるというか。

トリウッド アリーナロマンス 板垣英文14.jpg
あ) あら嬉ふぃーす(っv`。)゜。あーもすっごい近いもの感ぢてまいます(*´v`*)監督さまだけど、ハロヲタって聞いた瞬間、もっと仲良くなりたいって思いましたもん(P笑q'v`**)
ぢゃぁ今日からお兄ちゃんてよびますね、お兄ちゃん(*´v`*)ぇ

板) ぶはっ(゚Σ゚;)
・・・じゃあ妹だから呼び捨てしよう。おう、あい・・・。

てっ何か偉そうですね。やっぱあいちゃんですねw

えーと映画の話に戻しましょう。どーでした?出てみて。監督の演出ヘナチョコでしたけどお(ノ▽^)アチャーミー

あ) あれっ石川さんΣPq'v`●)笑 最初このお話が来て、台本を読んだ時に思ったんですo「選考落ちても絶対見に行こう」ってo笑 
アイドルオタクのあーには、興味しんしんキラキラ夢が広がりんぐぽんでりんぐな内容の映画ですものo(*´ `*)o

板) そっかそっか。

あ) 監督さんも言ってぃたけど、アイドルを好きになる気持ちと誰かを好きになる気持ちって、どこか似ていると思うのですoその人の一言一言に敏感になったり、夜はその人の事を考えて寝れなくなったりo

トリウッド アリーナロマンス こんのあい 板垣英文02.jpg
板) うん分かる分かる!僕も原田知世さん好きだった時はそうだったよ。中学の時ね。初恋だったと思う。

あ) だからアイドルオタクの方は、無理矢理現実で好きな人を探さなくてもいいんぢゃなぃかなって思ぃますo現実で好きな子が出来たら、その時は自然とそちらに行くだろうし(*´v`*)

板) まあ度合いによるよるかなあ?本当に自然に恋愛できる人と、いつまで経っても始められない人もいると思う。
ただどっちかでなくてもいいと思うんだ。

じゃあ、関係者試写で『アリーナロマンス』を改めて観てどうでした?

あ) すみません、途中から涙でスクリーンが良く見えませんでした(っv`。)汗傷ついた舞華をミツルがギュッとするシーン、、、ミツルの切なぃ顔と舞華の泣き顔が離れなぃです(っv`。)汗

板) うんうん、あの時は撮影中でも僕も泣きそうになったよ。僕は監督としてミツルにも舞華にも深く感情移入して演出してるからね。「舞華がボロボロになっちゃたよおミツルー!(´;ω;`)」って自分で書いたシナリオなんだけどさw

あ) 撮影期間中は一緒にケラケラ笑ってたはずなのに、カメラが向くとあんなに変わるんですねoooあれ見てからミツルと舞華のファンになりました(*´v`*)
もちろん本人達には秘密ですけどっハートハート(P笑q'v`**)

板) あの二人はねえ、カメラが回ってないと僕らの周りをホントころころ子犬みたいにハシャギまくってて、本番になるとカチンと切り替えるからね。特に光咲ちゃんは怖いぐらい切り替えが早い。
ただあのシーンに関しては撮影数時間前から二人に役作りに集中して貰ってね。あんまり遊ばないでって言って。スタッフも周りも普段の楽しい雰囲気を止めて追い込んだw 
その時の撮影に関しては昨日の撮影にちょっと書いたんだけどね。まあ、監督、制作側としてはもっと高いレベルのものを望んでいました。これは二人の演技が悪かったというわけではなく、僕の演出や撮影のタイミングを誤ったのも大きいんです。二人は充分応えてくれてたんですが・・・残念ながら本番に生かされなかったサゲ反省点の一つです。

トリウッド アリーナロマンス こんのあい18.jpg
2007-09-18 (Tue) | 記事URL | アリーナロマンスの世界観 | COM(0) | TB(0) | 
こんのあい(上條絵里奈役)×板垣英文(監督) ブログ対談
トリウッド アリーナロマンス こんのあい06.jpg トリウッド アリーナロマンス こんのあい 板垣英文03.jpg
板) 絵里奈久しぶりッス~(゚∀゚)ノ ワヒョー!

あ) 監督さぁーん!!ぉぴさしぴんくです(*´v`*)ぴっぴ♪♪

板) 今回は上條絵里奈役のこんのあいちゃんとブログ上で対談してみようと思います!宜しくお願いしますね(人´∀`*)
まずは上條絵里奈という役について。このブログのキャスト紹介でも説明してるんだけど、オリキメンバーの名前の由来は当時のモーニング娘。の6期メンバー(亀井絵里さん、道重さゆみさん、田中れいなさん、藤本美貴さん)の名前とキャラクター性をremixしたものなんですよね。

あ) 台本をいただいた時にそれは勘づきました(d笑b'I`●)
3人(由美、美麗、えりな)の名前を見て、「あれれ??どっかの6期生と似た名前だなぁ」ってo笑

板) さすがだねw 本読みの時に初めて会ってちょっとヲタ話したねえ・・・
上條絵里奈(本来は亀重絵里奈)に関しては亀井さんのマイペースさ、道重さんのブリブリキャラ、田中さんのキレると怖そうなイメージが込めてあるんだよね。

あ) ただえりなに関しては、『きらりん☆レボリューション』の中に、きらりちゃんのライバル(?)の小倉えりなっていう子がいるのですょo
典型的な二重人格で、みんなの前ではぶりっこキャラo裏でゎきらりちゃんに嫉妬メラメラな腹黒キャラo
だから、あーの中のえりなイメージは、小倉えりなちゃんも少しありますo

板) えっ!そうなんだ。そうやって後付でも様々な意味が出て来るのって面白いよね。僕は『アリーナロマンス』はオタクの人たちがいろいろな解釈でもって楽しんでくれたらなと思って、あえてマンガや映画やアニメから引用したりしてるんです。日本の芸能界のパロディでもある。
撮影中、あいちゃんの演技に強いものを感じたのは小倉えりなちゃんが入ってたからかな?実際に現場ではあいちゃんの声量が大きくて録音部から声を小さくして演技して欲しいと指示が出た程です。

それでは改めましてヲタ話をw お互いの推し(好きなメンバー)遍歴でも明かしましょうかw 僕ここのブログとかでハッキリ書いてませんから。

トリウッド アリーナロマンス こんのあい07.jpg
あ) でもここのブログの常連さんは、監督の推しメンゎうすうす気付ぃてぃそぅ(●*'v`艸)キラキラ
ちなみに舞華は気付いてましたd(v・`笑

板) あらら、バレてた?
ちなみに舞華(池田光咲ちゃん。芹沢舞華役)はなっちとののが好きって知ってた?髪もなっちを意識してる時があったって。
   
で、僕は基本DD(Daredemo Daisukiの略。メンバーみんな好き)ですけど、まあ箱ヲタ(モーニング娘。というグループが好き)なのかな?

キッカケは後藤真希さんからですね。ゴマ(後藤真希さんの略称)。
ごっちん(後藤真希さんの愛称)って呼ぶのは恥ずかしいですw かっこ良くて可愛くて、まあ舞華のモデルの一人ですから、好みですね(*´д`*)
 
そこからグワッ!とモーニング娘。が出演した過去のASAYANとか観始めて初期から理解した。

それでゴマも卒業しちゃったので、次に注目したのがモー娘。内でもトリッキーな動きを見せていた辻希美さんですね。のんさん(辻希美さんの愛称)。
ののたん(2ちゃんねる狼発祥の愛称)って呼び方もあるけど無理w 
まあのんさんは徐々に大人顔の美人になっていくのに行動は問題児っていうギャップが面白かった。

それから次に5期メンバーの新垣里沙さん。ガキさん(新垣里沙さんの愛称)ですね。もともとモーニング娘。魂を初期から勝手に継承してる感が良いです。ガキさんは髪下ろし解禁、前髪が出来てから良くなった。

6期メンバーは4人(現在は3人)とも好きです。各々個性のバランスが取れてて甲乙付け難い。6期だけで一つのユニットのように見えますね。

トリウッド アリーナロマンス こんのあい 板垣英文01.jpg
2007-09-18 (Tue) | 記事URL | アリーナロマンスの世界観 | COM(0) | TB(0) | 
| Top Page | Next

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。